なぜ、企業に広告の専門家が必要なのか?

即戦力となる人材

中小企業では採用担当者にかかる負担が多大

nayamu中小企業で求人活動を行っている方は、求人だけでなく他の様々な仕事をやりながら行っている方がほとんどです。

いくら高い能力を持っている方だとしても、様々な仕事をやりながらですと、求人活動で結果を出すのは難しくなります。

なぜなら、広告は奥が深く正しい行動をとれるようになるには、少なくても1,000時間は広告の勉強をする必要があるからです。

また、広告で結果を出すための色々な方法を知らないと効果的な戦略を練る事はできませんので、「何をしたら良いのか分からない」状態となり、とても苦しむ事になります。

結果を出さなければいけないけど、どうしたら良いのか分からない状態で、仕事を任されてしまう採用担当者の負担は多大なモノがあります。

とりあえず、動き出さなければ始まらないという事で思いついた考えで行動に移ると以下のような流れになるかと思います。

求人活動の行動パターン

  1. 目標達成に向けたプランを練る
  2. 社内の会議で今後の戦略を話し合い方針を固める
  3. 広告を出したり、ポスターなどを作るため業者に連絡する
  4. 複数の業者の話を聞き、その中から業者を絞り込む
  5. 選んだ業者とやりとりする
  6. 広告を出した後はどのくらいの応募があったか計測をとる
  7. 計測結果を見て今後の対策を練る
  8. 1からの繰り返し

これで良い結果が得られれば問題ありません。

問題はこのやり方で結果が出せなかった時です。

自分たちで考えたプランで結果を出せなかった。今後、どうすべきかが分からない。

広告代理店は媒体を売り込んでくるだけですし、デザイン制作会社はこちらが伝えた事を綺麗に表現するだけ。

求めているのは結果なのに、誰も助けてくれない。

こうなってしまうともう先に進む事ができません。

闇雲に進んでしまえば、無駄に広告費を失ってしまうだけです。

この状態から抜け出すために、結果を出せる広告の専門家(マーケティングコンサルタント)が必要になります

解放

結果を出すために何をしたら良いのか分からない…

この状態から抜け出すためには、広告の知識に長けていて、経験豊富で実績もあり、どのような活動を行えば結果に繋がるかをアドバイスしてくれる存在が必要になります。

言わば広告の病気を治してくれるお医者さんのような存在ですね。

それが、広告の専門家(マーケティングコンサルタント)という職種になります。

解決策を導き出す流れもお医者さんと同じで、以下のような流れになります。

広告の専門家(マーケティングコンサルタント)が解決策を出す流れ

  1. 現在の求人活動の状況を聞き出す
  2. かけたコストと得られた反応はどのくらいかを聞き出す
  3. どんな人を募集したいのかを聞き出す
  4. 求職者を取り合っている競合他社はどの会社かを聞き出す
  5. 現状の求人活動で生じている問題点を見つけ出す
  6. 良いところは活かし、問題点は解決していくプランを出す

このように、広告の専門家は相手の立場に立って考え、状況を正確に把握し、的確な答えを導き出してくれます

目的は「クライアントに結果を出してもらう事」です。

あなた自身が現状の結果に不満を感じていて、より多くの結果を求めているという事であれば、間違いなく広告の専門家に相談する事が最善の選択です。

その中の一人の候補者として僕(山本)を入れて頂ければ幸いでございます。

あなたからのご相談、お待ちしております。