事例01 求人の広告費を1/10に抑え、応募数が約3倍になったカット専門店

求人広告事例:カット専門店

株式会社HSKさまは、茨城、栃木、千葉、福島に合計75店舗のカット専門店を運営する会社です。

2015年8月から求人広告の改善を開始しました。

求人に取り組んでいるモノは全て見直し、効果があると思われるモノは全て行い、その中から反応が全くないモノは省いていきました。

その結果、現在は広告費を1/10に抑え、約3倍の応募が安定的に得られるようになっています。

どのようにして大きな成果を出すまでに至ったのかを担当者の木口さまにインタビューしました。求人にお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

目次

求人活動の見直し・改善の成果について

前年度と比べて、応募数は増えましたか?

前年度は応募数57件だったのが、現在は求人の見直しを行って7ヶ月ぐらい経って、133件になっているので倍以上ですね。

どのぐらいの頻度で応募は来ていますか?

月や季節によって波がありますね。

働き手側が辞める時期もありますので、時期によって波があります。

求人の少ない時期にはあまり求人を入れないとか、来る時期にはいろんな媒体を使って入れたりしています。

掲載するメッセージを色々変更しましたが、求職者の質に変化はありましたか?

メッセージで求職者の質は変わりますね。

待遇で打ち出すのか、それとも考え方とか働きやすさで打ち出すかによって、応募の段階で求職者の求めてるものが違います。

うちなんかではお客様が夜仕事終えられてからくる方もいるので、やはり夜は人員が欲しいですし、カットの商売で土日が忙しいので、土日働ける方が欲しいんです。

最初の頃は夜まで働けない方が多かったですが、メッセージを変えた事でフルタイムで働ける方、土日も来れる方の応募が増えてきています。

今はかなり厳選した状態で広告運用していますが、今に至るまでの経緯を教えて頂けますか?

大体もう全種類、やれるものはほとんどやったんですよね。

フリーペーパーだったり、店の前で配るチラシだったり、ポスターだったり全部作り直したりもしました。

ネットもホームページも改良していくと、ある程度絞られていくんです。

全然反応ないのはしょうがないので全部捨てていくじゃないですか。

今残ったのはフリーペーパーで効果が出てるものと、リスティング広告、それからコストがほとんどかからない店舗に貼るポスターです。

この3つだけに絞って、それ以外はやっていないです。

最初にかかっていた広告費と、現在の広告費を比べるとどのぐらい抑えられましたか?

10分の1ぐらいですね。

ポスターは一度作ったらコストはかかりませんので、コストがかかるのは、フリーペーパー1誌と、リスティング広告の固定分だけですよね。

リスティングは毎月そんなに変わるわけじゃないですし、フリーペーパーは逆に絞りたければ絞れます。

今まではフリーペーパー10誌ぐらいに広告を出していましたが、現在は、フリーペーパー1誌だけなのでそれだけで大体10分の1になってますね。

コストは10分の1になっているにも関わらず、応募数は倍以上になっているということですか?

そうですね。倍以上ですね。

4月からやっているわけじゃなく、7月から1月の7か月間での結果なので、それで倍以上の応募数が取れていてコストは10分の1になっているということです。

リスティングの運用と管理のやり方は大体把握できましたか?

自分でできるかは定かではないですが、理屈だったり、どういうのを求職者は求めているかなどの考え方の部分は把握できるようになりました。

基本的な考え方は今までの打ち合わせで詳しく教わってますので、元々の自分が知らなかった世界と比べるとそれこそ10倍ぐらいに知識が増えたと言えるかもしれませんね。

次年度の採用目標数には到達できそうでしょうか?

次年度はまだ計画段階なので、まだわからないですけれども、先は見えてきたという感じですね。

今まで全然見えてなかったのが見えるようになってきたというのは大きいです。

計画案を出す際には、裏付けがないと計画通りに進められる自信を持ちづらいのですが、今年度の目標は、あと二か月を残してもう少しで達成できそうなので、そこの裏付けというのは自信になります。

広告のパフォーマンスを細かく数値で管理しているのでそうやって見える状態になるのは、すごくいいと思います。

スタッフソリューションのサービスについて

他の求人サービスと比べてどこがよかったかを教えて頂けますか?

山本さんが僕の話をよく聞いてくれたことですね。やっぱり一番はそこですね。話すの好きなんです。今日も話すの楽しみにしてます。

ずっと話していられるんですが、山本さんはうまい具合にポイントを絞って要約して形にしてくれますので。

あとはデザインですね。デザインがどうしても社内にできる人間がいませんし、広告会社の方にお願いしてもデザインを専門にやっている方はあまりいないと思うんです。

山本さんはデザインの専門家でもありますので、統一感のあるデザインに仕上げて頂けるところが良いです。

お店の外観もそうですし、求人も販促も全てに統一感が出る事でブランドとして浸透するようになると思うんです。

山本さんはうちのブランドイメージをしっかり把握しつつ、上手にデザインをコントロールしてくれていると思います。

結果に関してはどうでしょうか?

今年度の求人目標達成に関しては良いところまで来ていると思います。

アフターフォローに関してはどうでしょうか?

例えばこの文章一つを消したいとか、この文章をこれに変えたいとかということが結構あるんです。

うちのマネージャーなどから「こうしたらいいんじゃないか」と提案されたり、自分自身が気づいたりなど、すぐに打ち合わせの時にも言えるし、打ち合わせでなくても電話やLINEで全部対応してくれるところもいいですよね。

特にネットだとすぐに変えられるじゃないですか。

紙の場合は一回出したら変えられないですけどね。

その速さは大事だと思うんです。

ほんのちょっとしたところを変えることで、印象だったりとかが変わるじゃないですか。そこを打ち合わせだったりで変えられるのは自分としてはすごくいいと思ってます。

リスティング広告で改善して、反応がとれるようになったら色んな媒体に展開するやり方はいかがでしたか?

非常にいいですよね。

あれを全て自分でやっていたとすれば結構な話になってきますよね。ずっとパソコンをやっている時でもなかなか時間が取れないこともあるので本当に助かります。

やっぱり得意な方が、プロの視点でやっていってくれるというのが最高ですね。

弊社のサービスで、一番うれしかったことは何ですか?

いろいろ話したんですけど、やっぱり一番はリスティングですね。

本当にゼロの状態から、山本さんが時間を使っていろいろ改善してくれて、結果にも繋がっていますからね。

リスティングは大きいんじゃないですかね。

そのほかにもデザインを作ってもらったりとか何十個もやってもらってますが、リスティングは今年は大きいですし、社内でもリスティングは話題になりますね。

求人で悩んでいる会社に弊社を勧めるとしたら、どのように伝えて頂けますか?

やっぱり求人は大事なことだと思うんです。

商売だったり、仕事を進めていくうえで根本的な部分は人材だと思うんです。

大企業の人事部のように、専門でできれば違うんでしょうけれども、悩んでいたらとりあえず山本さんにお願いして、まずやってみるのが良いと思います。

ダメだったらやめればいいわけなので、まずやってみるというのが良いんじゃないかと思います。そのぐらいのコストだし、実際にやってみればそれ以上の価値は感じられると思います。

弊社のサービスでもっとこうしてほしい、こうだったら最高だと思うことがありましたら、遠慮なく教えていただけますか?

特にないですね。自分の容量以上にいろいろと教えてもらってますので。

こちらが求めている事以上のいろいろなネタを提供してくださったりとか、プランも一つのプランだけじゃなく、プラスアルファの仕事をしてくださいますよね。

なので自分は今のところないです。

終わりに

今まで全然見えてなかったのが見えるようになってきたというのは大きい

いかがでしたでしょうか。

株式会社HSKさまは求人活動全般を根本から見直し、改善を続けた事でコストを1/10に抑え、応募数を約3倍に増やす事に成功しました。

応募数を確保できるようになりましたので、今は面接に力を入れて人材を厳選するようになっています。

求人活動に悩む経営者様や採用担当者様にとって参考になれば幸いでございます。詳しく知りたい方は以下のコースをご覧くださいませ。