事例02 過去2年間の応募総数は2件。現在は1ヶ月に3〜5件の応募が得られている運輸会社

求人広告成功事例:運輸会社

株式会社K.Uコーポレーションさまは、運輸を中心とした総合サービス会社です。

2015年7月から求人広告の改善を開始しました。

今まで取り組んだ事のない新しい求人手法に取り組み、現在は必要最小限のコストで安定的に応募を獲得できるようになりました。

どのようにしてこのような成果を出すまでに至ったのかを担当者の浅見さまにインタビューしました。求人にお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

目次

求人の改善に取り組む前に抱えていた問題について

以前はどのような求人活動を行っていましたか?

まず、メインでハローワークに出していたのと、事務所の道路側のガラス面に求人の文字を貼ったりしていました。

折込の求人チラシを入れると応募は来るんですが、質が悪いっていうんですかね。

費用対効果がないに等しいというか、一人も採用できないことが多かったので、それはやめて、ハローワークのみにしていたのですが、2年ほど前からパッタリと応募が来なくなりました。

応募があったとしても年間1〜2件ですから、そこから採用できないんです。

広告を打たなければ応募が来ない事はわかっていましたが、どうしたら来てくれるんだろうっていうところが一番の問題でした。

応募数はどのぐらい来れば理想的ですか?

コンスタントに月1人か2人から応募が来ると良いかなと思っているので、年間20人前後応募してくれれば世代交代がスムーズにできるんじゃないかなと思っております。

あとは求職者の年齢と質の問題でしょうか?

年齢が若い方が1ヶ月に1人から2人来てくれればいいですね。

求人に関して将来的にどういった不安を抱えていましたか?

運転の業務なので、年齢を重ねていくと、世間から「年齢が高いから」と色眼鏡で見られるようになると思うんです。

事故のない方もたくさんいますけども、もし何かあった時のリスクは極力減らしていきたいというところがあります。10年後に高齢のドライバーしかいなくなる事態は、何とか回避したいと思っていました。

会社の平均年齢を若くしていきたいという事でしょうか?

運送業界では4人に1人が60歳以上だって言われていますが、うちの会社はまさにその通りの状態なので、対策をする必要を感じています。

現状のスタッフさんに負担はかかっていませんか?

しわ寄せはいっております。

人が集まらないのにやる仕事量は変わらないので、その仕事量をこなすには無理してもらっている部分は多々あります。

人が増えていかないと業績も上げられない問題はありましたか?

そうですね。

人がいないとできない仕事も出てくるので、そういった仕事はやはり断ってしまっているので、業績を上げる機会を失っています。

求人広告について

掲載期間と掲載するサイズで料金が決まる従来型の求人広告に対してはどのような思いをお持ちでしょうか?

まず、コストですね。

効果があるのであれば、うちの会社としてもプラスになるので、続けようという気にはなりますが、やはり反応がない事が多いです。

それに、電話がかかってきて面接の約束をしたとしても、直前でキャンセルが入り来ない事も多かったです。

時間とコストを無駄にしていると感じたので、費用をかけなくなったという経緯があります。

リスティング広告を求人に活動できると言う事はご存知でしたか?

いえ。なんで載ってくるんだろうっていう感じでしか見ていなかったです。どうしたら載せられるんだろうっていう考えには至らなかったです。

一通りご説明させていただいて、リスティング広告を求人広告に利用するのは効果的だと思って頂けましたか?

実際に広告が載って、求人が増えてきたというのは目に見えてわかるので、これはよかったと思います。

リマーケティング広告のことはご存知でしたか?

それもわからなかったです。それもなんで同じ広告ばかり載ってくるんだろうっていうイメージでした。

実際に利用して頂いて、効果的だと思いましたか?

リスティング広告をみて、ホームページを見てもらって、電話がかかってきたり、フォームから応募してくれたりというのがあったので、効果的だと思います。

他にリスティング広告で良いと思ったところはありますか?

広告費が目に見えるというところです。

いくら使えば、こんだけ来るんだっていうのが段々見えてくるので分かりやすいです。

クリック課金に関して抵抗はなかったですか?

見てくれて、そこで応募まで至らないとしても、うちの会社が見てもらえるっていう部分に関してはいいんじゃないかなと思います。

もし、他の会社に応募してそこで採用されなかった場合にまた思い出してくれて、応募してもらえるという風に後に続いていくと思うので、無駄では無いかなと思います。

他の求人媒体にと比べてリスティング広告の良さはどういったところでしょうか?

地域を絞って募集をかけられるところですね。

折込チラシの求人広告の場合、地域を絞ることはできますが、知ってもらいたい求職者にピンポイントで知ってもらえないという問題があります。

探している人は見るんでしょうけども、何か用事があって見てくれない場合もあると思うんです。「あっ!」と思った時には期間が過ぎてしまって「もう無理かな」と思われてしまうと応募はしてきませんよね。

ですから、リスティング広告でタイムリーに見て頂ける、ちょっとした空き時間に見て頂けるというところがメリットかなと思います。

他のドライバー専門の求人サイトと比べた場合はリスティング広告の良さはどうですか?

そこに出したことがないので・・・どこが違うのかはわかりませんが、、、

ただ、求人サイトの場合、サイトにアクセスしてもらわないと会社の情報は見てもらえません。

検索した時に広告が表示されたり、追いかけてバナー広告が表示されたりするのと比べれば、リスティング広告の方が目に触れる機会が多いと思うので、興味を持ってもらえる機会も応募者の数も上がると思います。

事務所のガラス面に求人募集を貼っているのと比べた場合はどうですか?

全然違います。車を運転している人はまず見ないのかなと思います。歩いている人だったらメモできるので、見てくれるんでしょうけど、通り過ぎてしまうと車のスピードだとなかなか難しいですね。

「求人募集してるな。」ぐらいしかわからず、どんな仕事だろうっていうところまでは考えて頂けないかなと思います。

リスティング広告を行っていく上で、やりたくなかったことを教えていただけますか?

自分はそんなに抵抗はないんですけれども、ドライバーたちが写真を載せるからインタビューを撮らせてくれとなったときに、自分の動画が載るってなると、地域限定だとしても、探そうと思えば全国区になってしまうので、そこの部分が恥ずかしいというところですね。

分からないでもないですけども。

実際に求人の改善作業をやらせて頂いて、応募はどのぐらい来ていますか?

1か月経った時点で、応募が3件です。

まだ、今のところ採用した方はいないんですが、昨日の1件分はまだ残っていますので、そこに期待しています。

また今後も応募は出てくると思います。

応募の質に関しては、数が来ないとわからないという感じですか?

もう少し数が来ないと、判断しきれない部分はありますね。

コストに関してはいかがでしょうか?

クリックされた数になってくるので、クリックされる回数が増えてくればまたコストが上がっちゃいますので、そこをいかに欲している人の目につけさせるかっていうのが課題になってくると思いますので、そこは追々になってくると思います。

最初のうちはコストの面は大幅に見ないといけないのかなと思います。

リスティング広告の仕組みに関しては把握していただけましたか?

なかなか難しいんですけれども、説明しろと言われてしまうと説明は出来ませんが、こういう事だったんだという理解はできました。

必要最小限のコストで、質の高い人材を獲得することは実現できそうですか?

人材がそろって来れば、今度は質のいい方、素質の高い方の応募が増えることが課題になってくると思うので、そこはやはり広告文のほうをいかにマッチさせていくかていうところで、うちの需要と、応募者さんの需要とをマッチさせることができるんじゃないかなと思っております。

スタッフソリューションのサービスについて

ほかの広告関連のサービスと比べて、どこがよかったでしょうか?

まず、弊社の要望をよく聞いていただいて、それに合った広告文を作成してもらったり、ホームページを作ってもらったりとかして頂いたので、それらをトータルでやって頂けたのが一番助かっています。

作業の進め方はいかがでしたか?

逆に迷惑かけちゃった部分があります。

スピードとしては素早くやっていただいていたので、逆に弊社がついていけなかった部分がありました。

同じ土地内で従業員が働いている状況だったら、うちの方ももっと素早く動けたと思うんですが、ドライバーが戻ってくる時間がバラバラだったので、逆に「サポートしてもらってて申し訳ないな。」と思いました。

なかなかスケジューリングがうまくいかなかった部分があったんですが、そういった部分も併せていろんな面に関して、「こうやりましょうか?ああやりましょうか?こうやりますよ」とか逆に提案してもらったりとかそこは本当に助かりました。

結果に対してはどうでしたか?

結果は全然なかったところが本当に1か月で3名の応募で、0から3ていうのは大幅な改善が目に見えて分かったので、本当に感謝しています。

アフターフォローに関してはどうでしょうか?

細かく説明して頂いても、なかなか覚えられない部分があってそこは煩わしかったかな?と思うんですが、もう一度説明してもらうと「ああ、そうだった!説明してもらった!」という風に思い出します。

やっぱり一人だと忘れてしまうので継続的なフォローでサポートして貰えるのは助かります。

求人で悩んでいる会社に、弊社を勧めて頂けるとしたら、どのように勧めて頂けますか?

結果がすぐに見えるので、ぜひ、やられると助かると思います。

終わりに

リスティング広告を求人に活用すると成果を出せるだけでなく、広告費が目に見える状態になり、いくら使えば、こんだけ来るんだっていうのが段々見えてくるようになりました。

いかがでしたでしょうか。

K.Uコーポレーション様は今まで取り組んだ事のない新しい手法を求人活動に取り入れた事で、大きな成果を出せるようになりました。

求人活動に悩む経営者様や採用担当者様にとって参考にして頂ければと思います。

詳しく知りたい方は、以下のコースをご覧になってみてください。