警備員の深刻な人手不足 90%超の警備業者が嘆く理由とその解決策

警備業の人手不足-東京の有効求人倍率99.9倍

2017年9〜11月に警察庁が民間の警備業者485社に調査したところ、90%以上の警備業者が人手不足を感じていることがわかりました。業務内容別に分けると以下の通りです。

警備業90%以上人手不足の現状

2018/4/19 夕刊 東京新聞に掲載

  1. 交通誘導警備:96.5%
  2. イベント会場などの雑踏警備:94.5%
  3. 空港の手荷物検査など空港保安警備:83.4%
  4. ビルなどで警戒をする施設警備:81.9%

さらに、警備業の有効求人倍率をチェックしてみると、2018年で8倍ぐらい。でもこれは、日本全国の数字。エリアによって状況は大きく変わります。都心に絞って算出すると、有効求人倍率は一気に跳ね上がり、なんと、東京都内の交通誘導警備の有効求人倍率、99.9になります!

交通誘導員の都心の有効求人倍率は99.9倍

2017/07/31 東洋経済onlineに掲載

100社で1人の求職者を奪い合っている状態。これでは普通の求人方法で人集めなんてできるわけありません。会社によっては、警備員を確保できず、工事中止になる現場もあるとのこと。

でも、なぜ、こんなにも警備業界は人手不足なのか?そして、どうすればこの厳しい状況の中、人集めすることができるのか?実際に成果を出している実例もご紹介いたします。何をやっても成果を出せないとお困りであれば、ここで紹介する方法に取り組むことで解決できるかもしれません。ぜひ、最後までご覧になってみてください。

警備業が人手不足に陥っている6つの理由

理由1:警備の需要が多いから

警備員は街に出かけると見ない日はないぐらい至るところで見かけます。

屋外の警備でよく見かけるのは交通誘導の警備。工事現場や建設現場には警備員いますし、大型の駐車場にもいます。屋内では大型のオフィスビル、空港、商業施設、遊園地など犯罪を防ぐために巡回している警備員を見かけます。他にも現金輸送時やボディーガードなど警備員が活躍する場はたくさんあります。危険なところや人が集まるところ、犯罪が起こる可能性のあるところには必ず警備員が必要になるのですから、今後も需要が少なくなることはあり得ません。

さらに今後は、2020年の東京オリンピック、2025年に大阪万博と大イベントが続くのですから、警備員の需要が今より増えることは確実です。現時点でも供給が追いつかない状態なのに、今後どうなってしまうのか、国を上げて対策すべき問題かと思います。

理由2:体力と忍耐が必要なキツイ労働環境だから

それでも警備の仕事に魅力を感じ、やりたい!と思う人がいれば、自然と人は集まると思います。でも、世間が抱く警備の仕事に対するイメージは残念ながら悪いです。

警備員の仕事は基本、長時間立ちっぱなしなので、体力が必要です。工事現場での警備であれば、危険が伴いますし、現場の作業員さんからキツイ言葉を投げかけられることもあります。

体力だけでなく、精神的にもキツイので忍耐が必要な仕事です。

理由3:女性が働きにくい環境だから

また夜勤があったり、休憩する場所がないなどの問題で女性が働きにくい環境であることも事実です。

実際は女性の警備員も活躍していますが、女性が仕事探しをする際に警備員を検討する方が少ないのは、人手不足の要因の一つとして考えれるかと思います。

理由4:警備員の収入は平均の2/3以下で将来性が見込めないから

全職種の残業を除いた給与額の平均は304,000円ですが、警備員は199,200円に過ぎません。つまり、警備員の収入は世の中の平均の2/3以下であるということ。

勤続年数を重ねても警備員の給与が増えないのであれば、若い人にはなかなか選ばれなくなります。

20歳前半で警備業の会社に入社した際には、同年代とそんなに収入の差が無くても、5年~10年、それ以上の年月が経過すると大きな差が付いてしまうということです。

警備員が高齢の方ばかりだというのは、当然と言えます。

理由5:月平均の労働時間は意外と多いから

厚生労働省が平成28年に発表した「賃金構造基本統計調査」の情報をシェアします。

月平均の労働時間が全産業平均の177時間に対して、警備員は196時間となっています。

つまり、収入が平均の2/3以下にも関わらず労働時間が長いということです。

理由6:悪いイメージが定着してるから

このような理由から、警備員の仕事は世間から底辺の仕事だと思われているようです。

平均年齢5060歳の年配の方がやってるイメージがあり、なんとなくダサいと思われていたり、「キツい、汚い、給料安い」と思われているから余計寄り付かなくなっているということです。

まさに負のサイクルにハマっています。

ここから抜け出すには業界全体で抜本的な改革を行う必要があるのかもしれません。

激しい求人難の中、安定的に人集めしている警備会社の実例

これだけ悪い要素が揃っていると、人集めは困難を極めるでしょう。

でも、私のクライアントは毎月安定的に人集めに成功しています。

ほぼゼロからのスタートで、しかもそこまで競合他社と大きな違いがない状態で警備事業をスタートしましたが、月日が経つごとに人が増えていき、どんどん規模を拡大しています。

では、一体何をやったのか?ポイントは2つです。

ポイント1:ターゲットの絞り込み

まず、募集する求職者を高齢者に絞り込みました。

警備員の仕事は若者や女性にとってはあまり適した仕事ではありません。でも、50歳を超えた男性で特定の欲求を持っている方には最適であることが分かりました。

どんな人でも気張らずに始められて、ノルマなども無く、定時にあがれる仕事です。

年下にこき使われながら新しく何かを始めるのは多大なストレスですが、警備員の仕事であれば、ストレス少なく仕事を続けられます

いっぱい稼ぎたいのであれば、入れば入った分だけ稼げるので非常にシンプルです。

このようなメリットに気づいていない方も多いので、しっかりと警備員の良さを高齢の方にアピールしていけば、応募を集めることができます。

しかも、未経験OKですから、アプローチできる求職者はたくさんいます

女性も若者も誰でも良いからでは伝わりませんが、高齢者に絞り込むことで警備員の仕事の良さが伝わり、応募に繋げられています。

ポイント2:求人媒体を使わない方法で求人を出す

このターゲットの絞り込みに関してはやっている警備会社もあるかと思います。でも、おそらく思ったような成果に繋げられていないでしょう。

なぜかというと、求人媒体を使って募集しているからです。

今の求人市場は人口減少で求職者の数が減り、求人媒体の多様化で一つ一つの媒体をチェックする求職者の数が激減しています。

さらに、求人掲載する企業の数はとても増えているので、その中から選ばれるというのは至難の技です。東京の場合は99.9倍の有効求人倍率と言われていますから、選ばれるとしたら、よく名前が知られている会社は他社よりも圧倒的に条件の良い会社でしょう。

普通の条件で名前が知られていなければ、とても応募は集まりません。

ですから、いくらターゲットを絞り込んだとしても、昔ながらの求人方法ではまず無理です。

競合他社との差別化を図り、お金をかえずに目立つ場所に広告掲載するには、求人媒体に掲載するのではなく、求人媒体を使わない新しい求人方法に取り組む必要があります

ターゲットを絞り込んで差別化を図り、求人を出す方法でも差別化を図るからこそ、99.9倍と言われる有効求人倍率でも大きな成果を出すことができています。

詳しくは以下の無料資料をご覧になってみてください。

15 件のコメント

  • 給料が悪いと言って実際は給料が良かったりする業界多いからなぁ
    逆によく言ってるが凄く悪いのがITと聞くが、実際はどうなのだろうか

  • 会社によって、待遇はかなりの開きがある。
    大手のTK社は、待遇は良いし、祝い金も高い。
    中堅のTS社は、待遇はTK斜より落ちるが、賞与がある。
    両社とも、有給があるようだ。

    最近よく見かける、土木会社が親会社のA社は、ダントツに待遇が良い。

    それと、警備会社により、保険加入が厳しかったり甘かったりする。
    また、連絡先にこだわる会社もある。

    色々と調べて入るのが良い。

    それと、二級は、個人でとるのが一番良いと思う。調べれば、NPO法人が検索できる。

    • 渥美警備保障ですね
      断トツ破格な、待遇
      関東エリア
      資格なし13000円
      二級15000円

      渥美組4300人のなせる業ですか?

  • 嘘こけお前ら、わたしゃね現任ですよ金は安いよ、時間は長いし労基には嘘をつけとかイッパイあるぞ。
    そりゃあ人手不足にもなる、一昨日社長から電話で、、、人いませんか?

  • 実際は給料は非常に安いです。
    警備員にならない方がいいですよ。
    私も金輪際もう二度と、警備員は絶対にしません。

  • 交通誘導警備(2号警備)は、体を壊すだけ。警備会社は、見積の半分以上ピンハネ(利益を得る為警備員には反映されない。冬は、寒さに凍え、夏は、暑さで衰弱。いわゆる日雇い人夫扱い、それ以上悪いかもしれない。何せ現場の作業員でさえ見下し勝手な指示するばかりか怒鳴る等最低の仕事、会社は、次の日雇いの仕事をもらいたくて見て見ぬふり、求人にあっては、誇大広告、誰でも出来る楽、高時給、週一日OK有り得ない求人誰しも可笑しいと思うでしょう。何故集まらないと言われるが、こんな仕事選ぶ人よく考えた方がいいです。限界に安いきつい警備会社のために仕事するわけでないので、まだ介護職やそれに伴う送迎、清掃業務の方が保障され、体まもずーっと楽だと思います。警備したければ、1号(施設).3号(輸送)を選ぶべき、いつ辞めてもいいと思いでやるなら最初からやっては駄目、無駄な時間と体を壊すだけにとどまらず、将来性なく生活にも困りますよ!

  • 警備員を2年やってました
    何のスキルも身に付かないし、給料も上がりませんでした

    最近は残業を減らすように姑息な工夫をしているので、残業をして稼ぐという方法ももう出来ません

    お金は貯まらない、スキルは身に付かない、拘束時間はやたら長い
    若いうちからこの業界に入ると本当に時間を無駄にします
    絶対にオススメしません

  • 私も20代から交通、雑踏、施設の警備をバイト、正社員含め何社か働きました。
    他の方がおっしゃるとおり、警備業界は体力勝負でキツいです。
    交通警備はバイトで2年ほどやりましたが、確かに夏は暑く、冬は寒い。交通量が多いとこは車にクラクション鳴らされて文句言われるし、一般の客、暴走族、変人にも見下され、ボロッカス扱いされましたよ。
    でも、1人勤務で人間関係楽だったり、休憩時間も多かったり、本読んだりする時間もあったので、デメリットばかりではなかったです。施設では銀行や工事の立ち合いとかが比較的マシでした。商業施設やイベント系はやはり変子な奴を相手するのがキツいかな。
    若い人たちは大手でない限り、目指さないほうがいい業界です。特に若いうちから警備で長年働いている人って癖のある奴多かったし。定年で別業界を経験してから入ってきた人たちは比較的いい人が多かったです。

  • 会社によるとしか……
    有給は完全消化(年間20日)出来るがボーナスは無い。
    私の様に2級検定持ち、司導教持ち(1号・2号)、機械警備管理者で年間400万位かな(現在50歳)。自前の個人会社を経営しながらだから気ままに生活できるけど警備単独だと人生詰みますよ。士業資格を目指してやるなら良いかもしれない。社会の最底辺とはどんな場所か知りたいならお勧めします(笑)

  • 警備会社の者です。たしかに、軽視されている仕事には間違いないと思いますし
    風潮被害で、人が集まっていない業界の最たるものでしょう。
    ですが、警備会社によって、経営者、管理職の方がしっかりとしていれば
    違うの業界と殆ど変わらない、労働条件で働けますよ。
    警備会社、警備員でもやってみよういう方は、面接の際に、経営者や管理職の方が
    警察官や自衛官以外の異業種の出身の方が多い方がよいでしょう。
    そういう警備会社は上司も警備会社ぽくなく、色々な意味での
    勉強もできると思います。

  • 警備会社の者です。従業員の2/3以上が勤続年数10年以上です。
    同業者と比較した場合、当社は割と待遇等良いかと思います。おかげで辞めていく人が少ないので本当に助かっていますが、求人を出しても電話一本なりません。涙
    まずは、興味を持ってもらって連絡頂ければと頭を悩ませています。
    何が原因なのでしょう?
    悲しいです。

  • 警備経験者(施設、誘導)有名大手警備会社経験者
    結論から言えば警備業界だけで見るからでしょう。

    ▼人材の動向を見るべき
    ・まず警備業界だけでなく他の業界も見るべきでしょう。
     もっと高待遇で、CMもバンバン流している企業でさえ人手不足で常に求人を
     掲載しています。人材の動向をまず見なければ話しになりません。
     最近ではどの業界も人手不足が多く、求人も毎日数百件新規掲載されています。
     人を獲得するために、様々な働き方や待遇考えている企業は常に人材を確保しています。
     様々な業界が未経験素人でも年寄りでも人を取り合っているのが現状なのです。
     
    ▼会社の環境なんかはすぐにわかってしまう
    ・今では会社名やその子会社なんかの環境や仕事の詳細、待遇など求人掲載されていない
     情報なんかも経験者が匿名でネットに掲載している為、わざわざ応募して仕事の経験を
     しなくてもすぐわかります。
     特にネガティブは目立ちますので、少しでも評判が悪ければ応募も気軽にしようとは
     思わないでしょう。

    ▼警備業界よりも高待遇な案件は山のようにある
    今ではもっと簡単な仕事(倉庫整理、パソコン入力のみ)で時給1700以上8時間拘束の高待遇
    の求人や、求人が大量に毎日新規掲載されているから仕事は選び放題。
    最近は流行りのウーバー等デリバリー職の需要が高く、稼げる&拘束時間皆無&ストレス無で
    特に自分が仕事したい時間だけ仕事が出来るシステムと、人と関わる部分も商品受け渡しの時だけでストレスほぼフリーという気軽な職で、昔ながらの日雇いやダブルワークにありがちな夜勤、長時間拘束、肉体労働とは無縁で若者も年配もそちらにシフトしてます。
    給与もすぐ振り込まれるので、もはやダブルワークとしても最適。
    私も警備やめて素人から事務系派遣やりはじめましたが、残業は月10H程度で月給35は超え
    同僚との仲も良好だし、警備を早々に辞めてよかったと思います。
    余裕も出来たので、休みの日には2時間位デリバリーして美味い飯を食べたり日帰り温泉等に行くのが日課になりました。

    ▼最近は特に派遣が見直されてて一気に待遇に変化が
    派遣も昔は見下されている傾向は昔ありましたが、最近は毎年のように見直されて
    給与も待遇も、もう正社員と変わらない位に良いだけでなく、むしろ正社員程の責任を負わず特に人との関わる点でセクハラパワハラなんかも厳しく見られている為、怒鳴りや暴言なんか言えば速攻で叩かれる時代、もうどこ行ってもお客様扱いで皆怖い位親切になってるのが
    現状で常に応募倍率もほぼ100倍近く&求職者が絶えない現状。
    要するに人とのトラブル関係が極端に少なくなっている為、ストレスが低くなっている。
    唯一の欠点は、応募倍率くらい。

    ▼昔から変わらない警備業界の闇の一部
    ・時給と拘束時間を一度計算すればいかに安いかがわかる
    ・同僚には癖が強く、いきなりキレる輩等と高確率で遭遇する
    ・近所の通行人や客にも癖の強いクレーマーと遭遇する確率が高い
    ・現場によっては、すごい先輩風吹かしてくる癖に何も指導せずいびる輩もいる
    ・事故に巻き込まれる可能性も十分あるし、責任追及される可能性も高い。※特に工事&車
    ・特に現場を改善しようと努力している企業をみた事がない。※有名大手除く
    要するに将来と金と人のデメリット&リスクがめちゃ高いのに給金も待遇も皆無な
    仕事だって事。普通の人が警備を選ばない理由、ちょっと考えればすぐにわかると思う。
    社会貢献度が高いと謳っている企業程、思考も概念もヤバイ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください